希望に向かう心意気

 看護師の求人を目にした求職者は、「この病院に入職すれば、再び看護師として働くことができて、白衣の天使として患者からちやほやされるようになる」という期待を抱いていることが多々あるのではないでしょうか。しかし、その白衣の天使が厳しい労働環境で病院勤めを強いられていることはよくある話であり、まるで病院が悪魔となって天使である看護師をいじめているかのような光景を思い浮かべる方は少なくないと思うのです。だからといって、看護師が病院勤めを安易に放棄することは白衣の天使として許されるべきではないという考えから、悪魔のオーラを漂わせている病院の圧力に屈しないくらいの、天使ならではの浄化作用の下に、自分を汚そうとする力で汚されてしまってもその汚れを払拭していき何度も立ち上がろうとする意気込みが、看護師として携えるべき信念になると思うのです。
 看護師の求人を閲覧しているときに、「今度こそ私の理想とする看護師ライフが実現されるんだろうか。これでいくつ目の病院を受けることになるんだろう。今までの病院ではいつもみんなの足を引っ張っていたから、今、応募する病院で看護師らしい仕事ができるように頑張らないといけないわ」と思っている求職者がいても不思議ではないでしょう。求人を見ることから先のような意識喚起を促していくことが就活を成功させていく秘訣となるのでしょう。求職者が病院とのつながりを持つために、今後も求人を通した募集が欠かせないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です